水回りお掃除のポイント|東京都練馬区・を中心に営業している建築・リフォーム会社、株式会社平井設備です。

水回りお掃除のポイント

  • HOME
  • 水回りお掃除のポイント

浴室

キレイのPOINT!

熱いシャワーと冷たいシャワーで
洗い流すときには、最初に湯あかやせっけんかすを溶かす熱いシャワーをかけ、そのあと冷たいシャワーをかけて熱気がこもらないようにすると、カビの予防に効果的です。
ピカピカの水栓金具でキレイ度アップ
水栓金具がピカピカだと、不思議と浴室全体がキレイに見えるもの。水栓金具につく水あかやせっけんかすをこまめに拭き取りましょう。
熱いシャワーと冷たいシャワーで
最後に入浴した人が、シャワーで壁や床を洗い流し、浴槽の湯を抜きながら、湯あかをスポンジで落とします。さらに、水滴を取り除けば完璧。カビの予防になります。
ピカピカの水栓金具でキレイ度アップ
スペースが広い分、体力がいるおふろそうじ。時間をかけすぎると、つい億劫になってしまうので時間を区切るのがコツ。その分、計画的におそうじしましょう。

トイレ

キレイのPOINT!

家族みんなでおそうじを
便器や便座の汚れ、床にこぼれた小水などは、家族の誰もがその場でサッと拭き取る習慣をつけましょう。特に小さい男の子がいる家庭ではこまめにチェックすると同時に「こぼしたら拭くのよ」と教える事も大切です。
使ったついでにサッとひと拭き
トイレは、汚れてからそうじをするより「汚れになる前にそうじをする」ことが大切です。便座に座りながら手の届く範囲をサッとひと拭きするなど習慣にするとキレイなトイレを保てます。
そうじ道具はみんなの取りやすいところに
気づいたらすぐ、を習慣にするためにもそうじ道具はすぐ取り出せる場所に置きましょう。小学生以上のお子さんがいるご家庭なら、そうじへの関心を育てるためキャラクターつきのそうじ道具を用意するといいでしょう。
汚さない工夫も大切
カビ知らずの清潔なトイレを保つためには、定期的に換気をして湿気を試さない事です。そうじの前後にも換気扇を回し。空気の流れを作りましょう。

キッチン

キレイのPOINT!

油汚れは温かいうちに
基本汚れを放置しないこと。コンロやレンジまわりは余熱残っているうちに、サッと水拭きしておきます。
そうじの前には必ず換気を
そうじをする前は、窓を開けたり換気扇を回したりして空気の入れ替えを。窓を開けるだけでも、相当量のホコリや湿気が出てきます。全体をそうじするのは、天気がよい日が理想的。
頑固な汚れはゆるめて取る
いろいろな汚れが蓄積した頑固な汚れは、いきなり洗剤をつけても取れません。ぬるま湯をかけたり、つき置きをして汚れをゆるめてから、何度かに分けて取り除いてください。
ピカピカの水栓金具でイメージアップ
キッチンをキレイに見せるコツは、水栓金具をいつもピカピカにしておくこと。食器を洗ったついでに、水栓金具やシンクをから拭きするとキレイ度アップ。視覚的な効果が狙えます。
PAGE TOP